愛車に嫌な水アカが…。そんなときに役立つお手入れ方法とは?

車の代表的な汚れである、水アカ。雨が降った後や洗車後に濡れたまま放置していると、あっという間に現れてしまう厄介な汚れです。今回は水アカの正しいお手入れ方法と、水アカが付きにくくなる予防策についてご紹介します。

厄介な汚れ、水アカはなぜ落ちにくい?

水アカは、空気中に舞うゴミやカス、排気ガスなどが水に溶けて車の表面で固まったものです。
水アカは油性の汚れなので、水性の汚れと比べて落ちにくいという特長があります。付着したまま放置してしまうと、水洗いだけでキレイに落とすことは難しくなります。水で濡らしたタオルなどで拭き取ろうとしても簡単には落とせず、無理して強くこすることで車にキズがつく恐れもあるため注意が必要です。

水アカをキレイに落とすお手入れ方法

水洗いだけでは落とすことが難しい水アカですが、いくつかの専用アイテムを使用して落とすことが可能です。以下、おすすめのお手入れ方法をご紹介します。

・専用のカーシャンプーを使って洗う
カー用品専門店やホームセンターでは、水アカ専用のカーシャンプーが販売されています。一般的なカーシャンプーと違い、クリーナー成分を配合することで水アカを物理的に除去したり、水アカを化学的に分解する成分が配合されていたりする専用のカーシャンプーです。水アカ系のカーシャンプーを使って洗車することで、通常の汚れとともに頑固な水アカも同時に落とすことができます。

・専用クリーナーを使う
スプレータイプや液体タイプ、同時にワックスがかかるタイプなど、専用の水アカクリーナーを使って除去することも有効な手段のひとつです。洗車の後、水アカが気になる部分に部分使いすることが可能ですので、便利なアイテムです。なお、製品によってはカラー別に種類が分かれているものもあります。黒系のボディカラーにホワイト専用のものを使用すると、クリーナー成分が塗装にダメージを与えてしまう可能性もありますので、必ず愛車のカラーにマッチしたものを選択するよう注意してください。

ガラス系コーティングを施工して予防しよう

水アカをキレイに除去したら、その状態を保ちたいと思うものです。ワックスやコーティングを塗布することで、水アカを付きにくくすることが可能ですが、より長期間つきにくくし、キレイな状態をキープしたいというような方には、ガラス系コーティングの施工がオススメです。

プロによるガラス系コーティングを施工することで、塗装表面に非常に硬いコーティング被膜を形成するし、長期間にわたって水アカや酸性雨から車を保護できます。水アカや汚れが付いたとしても、簡単な洗車ですぐに落とすことが可能ですので、定期的に水洗いを行うことで、キレイな状態をキープできます。

見た目の美しさにも悪影響を及ぼす上、付着すると簡単に落とすことができない厄介な水アカ。水アカを付きにくくし、いつもキレイな愛車で楽しいカーライフをお過ごしいただくためにも、ガラス系コーティングの施工を検討してみてはいかがでしょうか?