ガラス系コーティングの落とし方とは?理由などについても解説

ガラス系コーティングを落とす際はプロに依頼する

ガラス系コーティングの再施工を行う際、事前に古いガラス系コーティングを落とす必要があります。しかし、DIYでは行えないことを知らない方も多いでしょう。今回は、ガラス系コーティングを落とす理由にふれたうえで、落とし方やプロに依頼する必要性についてみていきましょう。

車のガラス系コーティングを落とす理由

車のガラス系コーティングを落とす理由は、主に再施工を行う際の下地処理となります。ガラス系コーティングの再施工を行う前に、以前にガラス系コーティングを施工していた場合、劣化したコーティング剤を除去しなければ、くもりやシミの原因となるため、キレイな施工はできません。また、古いガラス系コーティングのうえから重ねて施工した場合には、ツヤを出すなどのガラス系コーティングの効果を十分に発揮できなくなる点に注意が必要です。

そのため、古いガラス系コーティングは落とす必要があるといえるでしょう。

ガラス系コーティングの落とし方

ガラス系コーティングの落とし方

ガラス系コーティングの落とし方をみていきます。

①除去前に洗車が必要
ガラス系コーティングを落とす前は、洗車で車体の汚れを落とすことが大切です。車体に汚れがついたまま、ガラス系コーティングを落としてしまうと、車の塗装を傷める原因となります。

そのため、作業前には洗車が必要です。洗車を行う際にはカーシャンプーを使用しつつ、鉄粉は鉄粉除去剤で除去するなどしっかりと汚れを落とすことを意識しましょう。

②ポリッシャーとコンパウンドで磨き落とす
コンパウンドを使用してポリッシャーで磨く方法で、ガラス系コーティングを除去します。ガラス系コーティングはガラスの組成に似たコーティング被膜を形成しているため、非常に硬く、手作業での除去はほぼ困難ですので、ポリッシャーを用いて機械で除去していく必要があります。

ガラス系コーティングを落とす際はプロに依頼する

プロにガラス系コーティング落としを依頼すべき理由をみていきます。

①DIYでは難しい
ガラス系コーティングはコンパウンドやポリッシャーを使用して除去できます。しかし、落とすには時間と手間がかかります。それだけでなく、塗装面などをキズつけた場合、塗装のやり直しが必要になる点に注意が必要です。DIYではできないため、プロに依頼しましょう。

②キレイに落とすことができる
プロは専門的な知識や技術を持っているため、車の状況によって的確な作業でガラス系コーティングを落としてくれますので、安心して依頼できます。知識としてDIYでは、ガラス系コーティングを落とすことは困難であることを把握したうえで、プロに依頼しましょう。