ハイドロフィニッシュ

メンテナンス

1.日常的なメンテナンスは水洗いだけ

ハイドロフィニッシュを施工されたお車は、定期的に水洗いを行うだけでコーティング効果が持続し、汚れをカンタンに落とせます。

作業1
ボディにしっかり水をかけ、ホコリなど大きな汚れはシャワーで取り除きます。じゅうぶんに水をかけながら、洗車スポンジを用いて軽くボディをなでて汚れを落としてください。
作業2
雨に濡れた後や水洗いの後、水滴をそのままにしておくとシミが発生することがあります。水切りセーマ(もしくは柔らかいタオル)でしっかり拭き上げを行ってください。

2.メンテナンスリキッドで疎水性能復活!

疎水(水引き)性能が弱くなってきたら、水洗いやシャンプー洗車後の仕上げに、メンテナンスリキッドと専用クロスをご利用ください。疎水(水引き)性能を維持することで、汚れを落としやすくなり、水洗い後の拭き上げ作業も楽になります。

作業
洗車後、水分が残った状態で50cm四方にワンプッシュを目安にスプレーし、専用クロスで拭き上げてください。 ※パネルごとに作業を行ってください。

3.落ちにくい汚れがついたら

鳥のフン・樹液・虫の死骸・タール・油汚れなど、水洗いでは落とせない汚れがボディについた場合、メンテナンスシャンプーをご利用ください。早めに汚れを落とすことで、コーティング被膜のダメージを防ぎます。ボディを、ザラザラにしてしまう鉄粉の付着も少なくなります。

鳥のフン・樹液・虫の死骸・タール
作業1
付属のスポンジを水でじゅうぶん濡らし、シャンプー液を適量つけて、しっかり泡を立ててください。
作業2
泡でやさしく洗浄してください。洗浄の後はしっかりと水ですすぎ、1. 2. のように拭き上げてください。
メンテナンスシャンプーでは落ちない汚れやシミについては4. 5. に進んでください。

4.シャンプーでも落ちない特殊な汚れには

花粉・黄砂
作業
花粉や黄砂が樹液などで固まってしまいシャンプーで落ちない場合は、濡らしたタオルをボディにのせ、その上から熱湯(80℃以上)をかけてじゅうぶん浸してください。
温度が下がらないようにドライヤーで5~10分暖め、タオルを取り除いてからメンテナンスシャンプーをご利用ください。

作業が困難な場合や、状態が判断できない場合は取扱店にご相談ください。 ※作業の際はやけどに十分注意してください。

5.シミやしつこい汚れがついたら

シャンプーでは落ちないしつこい汚れや、コーティング被膜に出来てしまったシミにはNEWメンテナンスクリーナーを部分的にご利用ください。※あらかじめ洗車を行ってください。

作業1
作業面に水分が残った状態で作業を行ってください。付属のスポンジに液剤を少しつけ、シミや汚れの部分に塗り広げてください。汚れが落ちにくい場合は、やや強めにこすり落としてください。
作業2
固着した鳥のフンや樹液、虫の死骸などには直接液剤をつけて、じゅうぶん濡らしてしっかりしぼったタオルをのせて5~10分程度浸透させてからスポンジでこすり落としてください。
作業3
施工面の表面が白く乾いたら、スポンジでなでながら水でしっかり洗い流し、2. のようにメンテナンスリキッドを使用し、専用クロスで拭き上げてください。
注意事項

※洗車後にボディの水滴を拭き取らないと、水の中の成分が白く残ることがありますので、必ず水滴を拭き取ってください。

※ワックス入りシャンプー、水アカ落としなど研磨成分を含んだシャンプーやクリーナー、有機溶剤を含んだワックスやコーティング剤などのご使用はコーティング被膜を傷める恐れがあります。必ず指定の専用メンテナンス用品をお使いください。
粘土クリーナーの使用については施工店にご相談ください。

※鈑金補修や再塗装をされた場合、色ムラの原因になりますので、取扱店にご相談の上、再施工をおすすめします。

施工店検索

  1. STEP1商品を選択する

  2. STEP2いずれかの条件を選択する

    都道府県から探す
    郵便番号から探す
    フリーワードから探す